2019年5月30日木曜日

揖斐川チャレンジ2019カヌースラローム・ワイルドウォーター競技会

5月25日(土)~26日(日)に、
揖斐川チャレンジ2019カヌースラローム・ワイルドウォーター競技会
兼 令和元年度国民体育大会第40回東海ブロック大会カヌー競技会
兼 第74回国民体育大会東海地区予選会
が揖斐川町、揖斐川特設カヌー競技場で行われた。
連日、揖斐川町では日本一の気温を記録する中、白熱したレースが展開された。


揖斐川チャレンジ大会を終えて

今大会に参加された役員、選手の皆さんお疲れ様でした。
特に、今年一番の暑さの中、現場で運営に携われた役員の皆さんには選手の為に撤収まで長時間働いていただき心より感謝申し上げます。

今年のコースは昨年JPCで改修したコースで全国水不足の中一定量の水量が確保でき、新ルールのUP8ゲート、コースは今年ナショナルチーム入りしてオリンピックを目指している金谷徹選手がデザインしてくれました。
金谷選手は何度も揖斐川に来て漕いでくれています。彼が言う揖斐ドロップは今大会の見どころでした。国体ブロック大会、Jr,シニア、其々のカテゴリーでしのぎを削りスリリングなレースを、見る側も堪能できました。
例年になく難しいコースをトップ選手の漕ぎを見て、仲間と考え、果敢に攻めて漕ぐジュニアの姿に今までにない力強さを感じました。
岐阜県カヌー協会は役員、選手一体となったより良い大会を目指しています。
揖斐川での次の大会は第2回全国ジュニアカヌースラローム揖斐川大会、ジャパンカップ最終戦が開催されます。
今回の反省点をふまえ集計の見直し、審判講習等を行って次回に臨みたいと思います。
選手の皆さんは揖斐川の流れを使って更なる技術に磨きをかけ更に上を目指していただきたいと思います。
小学生でカヌーを始め、中学3年で国体に出場するという目標を立て、今回やっとその目標が達成できました。コツコツ努力した成果です。
次は世界です。
一つ一つ目標に向かって努力することが次の後輩たちの成長につながります。
そんなカヌー選手になってほしいと思います。
私たち役員もそんな選手を育てるよう努力したいと思います。
揖斐川カヌーコースが日本のカヌー選手にとってなくてはならないコースになるよう皆さんの意見も聞きながら更に良いコースにしていきたいと思います。
また、皆さんに揖斐川カヌーコースでお会いできるのを楽しみにしています。
お疲れ様でした。

                  岐阜県カヌー協会 理事長 加藤彰則
以下成績です。


ワイルドウォーター競技



東海ブロックスラローム競技

揖斐チャレ1

揖斐チャレ2

揖斐チャレ3

ワイルドウォーター男子 岐阜県代表 渡辺正浩
東海ブロック大会 ワイルドウォーター男子

ワイルドウォーター女子 岐阜県代表 井口愛梨
東海ブロック大会 ワイルドウォーター女子

スラローム男子カヤックシングル 岐阜県代表 田中雄己
東海ブロック大会 スラローム男子カヤックシングル

スラローム女子カヤックシングル 岐阜県代表 太田ゆう子
東海ブロック大会 スラローム女子カヤックシングル

スラローム男子カナディアンシングル 岐阜県代表 加藤哲平
東海ブロック大会 男子カナディアンシングル

東海ブロック大会 女子カナディアンシングル

揖斐川チャレンジカヌー大会 女子カナディアンシングル
揖斐川チャレンジカヌー大会 女子カヤックシングル ジュニアの部
揖斐川チャレンジカヌー大会 女子カヤックシングル 一般の部

揖斐川チャレンジカヌー大会 男子カナディアンシングル
揖斐川チャレンジカヌー大会 男子カヤックシングル ジュニアの部
揖斐川チャレンジカヌー大会 男子カヤックシングル 一般の部
揖斐川チャレンジカヌー大会 男子カヤックシングル シニアの部
揖斐川チャレンジカヌー大会 男女混合カナディアンペア

揖斐川チャレンジカヌー大会 ワイルドウォーター男子カヤックシングル

2019年5月21日火曜日

令和元年度ジャパンカップ岡山大会・たけべカップ参戦

5月11日(土)~12日(日)に岡山県建部町、旭川特設カヌー競技場で行われた、
2019カヌースラロームジャパンカップキョクヨーシリーズ第3戦
2019カヌーワイルドウォータージャパンカップ第3戦
2019年度全国ジュニアカヌースラローム岡山大会
2019年度たけべカップカヌースラローム・ワイルドウォーター大会
に岐阜県から13名の選手が参加しました。

昨年の西日本豪雨災害の爪痕が残っていところもありましたが、地元の関係者の尽力により、昨年を上回る素晴らしいコースが出来上がっていました。
コース復旧・大会準備に関わった方々に感謝いたします。

さて、岐阜県勢はジュニア選手が8名参加しました。
1年間の練習の成果が良く出た、とても良い大会でした。嬉しかった子も、悔しい思いをした子も、次の目標に向かって練習を続けてほしいと思います。
8月には「第2回全国ジュニアカヌースラローム揖斐川大会」が開催されます。
地元開催で各カテゴリーの頂点に立てるように頑張ってほしいと思います。

以下大会結果です。上位3名まで。

たけべカップ 5月11日(土)
カヌースラローム男子カヤックシングル
小学生の部
優勝   小澤 昇   中部30カヌークラブ
第3位  國枝 直紘  揖斐川町カヌー協会

カヌースラローム女子カヤックシングル
中学生の部
第3位  井口 愛梨  揖斐川町カヌー協会

カヌースラローム男子カナディアンシングル
総合の部
優勝   加藤 哲平  学校法人恵峰学園

カヌースラローム混合カナディアンペア
優勝   井口愛梨/加藤哲平  揖斐川町カヌー協会/学校法人恵峰学園






2019年度全国ジュニアカヌースラローム岡山大会 
5月12日(日)
カヌースラローム男子カヤックシングル
小学生の部
第2位 長谷川 唯月   美濃加茂市カヌー協会
第3位 小澤 昇     中部30カヌークラブ

ジュニア総合の部
第2位 田中 雄己    中京学院大学付属中京高等学校

カヌースラローム女子カヤックシングル
小学生の部
第3位 井口 花恋    揖斐川町カヌー協会

中学生の部
第3位 井口 愛梨    揖斐川町カヌー協会


2019カヌースラロームジャパンカップキョクヨーシリーズ第3戦
5月12日(日)
カヌースラローム男子カヤックシングル
第2位 田中 雄己    中京学院大学付属中京高等学校

カヌースラローム男子カナディアンシングル
優勝  加藤 哲平    学校法人恵峰学園

カヌースラローム混合カナディアンペア
優勝  井口愛梨/加藤哲平   揖斐川町カヌー協会/学校法人恵峰学園











2019年5月16日木曜日

揖斐川チャレンジ2019カヌースラローム・ワイルドウォーター競技会スタートリスト

いよいよ来週末に茨城国体に向けた東海ブロック大会兼揖斐川チャレンジカヌー大会が、揖斐川特設カヌー競技場で行われます。
今週の月曜日にエントリーを締切、スタートリストを作成しました。
エントリー漏れがないか確認を宜しくお願い致します。
もし、エントリーされていない場合がありましたら、岐阜県カヌー協会事務局の加藤哲平までご連絡ください。

カヌースラローム競技の予選・決勝方式に伴う勝ち上がり数について
今回は各カテゴリーでエントリー総数が5名以下の場合は、1次予選をして全員決勝に上がります。
6名以上場合は1次予選で3名、2次予選で2名が決勝に進出します。

今回の全員決勝に上がるカテゴリーは、
・女子C-1
・女子K-1ジュニア
・女子K-1一般
・C-2Mix

1次予選3名、2次予選2名が決勝に上がるカテゴリーは、
・男子C-1
・男子K-1ジュニア
・男子K-1一般
・男子K-1シニア
になります。
皆さん決勝進出目指して頑張ってください!!

東海ブロック大会、揖斐チャレ、ワイルドウォータースタートリスト


東海ブロック大会スラロームスタートリスト

 揖斐チャレスラロームスタートリスト




2019年5月8日水曜日

全国少年少女カヌー大会・全国中学生カヌー大会派遣選手選考記録会

5月5日(日)に八百津町蘇水公園で今年度行われる、全国少年少女カヌー大会、全国中学生カヌー大会に参加する為の派遣選手選考記録会が行われました。

今年度から岐阜県カヌー協会では、競技力の向上を目的に全国大会を目標とする小学生・中学生選手に、全国大会に出場するための派遣標準記録を設定し2回の選考会を開催します。
夏の全国大会に出場するためにはこの記録を突破しないといけません。
その1回目の選考が行われました。

標準記録突破選手は以下の通りです。

〇中学生〇
男子K-1
野田 陸斗 八百津ジュニアカヌークラブ

女子K-1
久野 四葉 八百津ジュニアカヌークラブ

男子スラローム
國枝 明史 揖斐川町カヌー協会


〇小学生〇
男子K-1
安藤 旬星 八百津ジュニアカヌークラブ
岩井 琢武 八百津ジュニアカヌークラブ

男子普及艇5・6年生
長谷川 唯月 美濃加茂市カヌー協会
國枝 直紘  揖斐川町カヌー協会
小澤 昇   中部30カヌークラブ
有我 太志  中津川ジュニアカヌークラブ
小出 悠煌  中津川ジュニアカヌークラブ

女子普及艇5・6年生
末永 栞   揖斐川町カヌー協会

男子普及艇4年生以下
岩井 琢武  八百津ジュニアカヌークラブ
久野 心源  八百津ジュニアカヌークラブ
小出 悠斗  中津川ジュニアカヌークラブ

女子普及艇4年生以下
長谷川 心悠 美濃加茂市カヌー協会

2019年3月25日月曜日

揖斐川チャレンジ2019 カヌースラローム・ワイルドウォーター競技会要項


揖斐川チャレンジ2019 カヌースラローム・ワイルドウォーター競技会
実施要項

1.期  日  令和元年525()26()
2.会  場  揖斐川特設カヌー競技場(朝鳥公園前)
3.競技会名  揖斐川チャレンジ2019 カヌースラローム・ワイルドウォーター競技会
4.主  催  岐阜県カヌー協会・揖斐川町カヌー協会
5.後  援  揖斐川町(予定)・揖斐川町教育委員会(予定)
6.競技種別(種目) 
年齢による部門別競技とする。年齢は20191231日時点の年齢とする。
・一般の部(19歳~49歳)
・ジュニアの部(18歳以下)
・大学生の部(大学に在学している方)
・シニアの部 (50歳以上)
カヌースラローム競技(A・B決勝方式)
         K-1、C-1、C-2、WK-1、WC-1、C-2Mix
カヌーワイルドウォーター競技(クラシック)
    K-1、WK-1
※上記以外のカヌースラローム・カヌーワイルドウォーターの種目および(社)日本カヌー連盟の検艇条件を充たさない艇での参加については、男女の別で上記種目に編入し、オープン参加扱いとする。
7.競技方法  ()日本カヌー連盟競技規則による。
一部、競技種別に特別ルールを設ける。(「6.競技種別(種目)」 を参照のこと)
8.参加資格  カヌースラローム愛好者。セルフレスキューができる者に限る。
9.表  彰  別に定める総則の表彰規定による。
10.競技日程  
524日() 9:00               ワイルドウォーター・スラロームコースオープン
                                同日ゲート設置を行うため、設置の支障になら                                    ないよう、係員の指示に従うこと
 1630                    コースクローズ
525日() ワイルドウォーター競技
830930          ワイルドウォーター競技受付・検艇
830950          スラローム競技受付・検艇
                  ワイルドウォーター・スラローム競技 監督会議
900                       開会式
 1000                  デモンストレーション
1100                  ノンストップトレーニング
1230                  決勝
1330                  スラロームコースオープン
公式練習終了後、コースセットを行うため、セットの支障とならないように
時間厳守をして、係員の指示に従って下さい。
1530                     コースクローズ

526日() スラローム競技
800                    デモンストレーション
900                    カヌースラローム 1次予選
1030                    カヌースラローム 2次予選
1300                    カヌースラローム決勝
競技終了後、ゲート撤収
1500                  表彰式・閉会式
11.申し込み  https://goo.gl/forms/NVzviBpFADL10ETs1を入力すること。
下記QRコードからもエントリーが出来ます。
12.参加料および振り込み先」に記した銀行口座への参加料振込先への振り込み完了をもって、受付完了とする。振込み期限までに振り込みされていないものについては、受け付けをしない。今回はWebのみのエントリーになります。

        ※チームでまとめてエントリーしたい場合は、teppeikatu@yahoo.co.jpまで連絡をください。チーム用エントリーフォームを送付致します。


12.参加料および振り込み先
参加料 1種目 \4,000(2種目目以降は半額になります。)
参加料の支払方法は、下記に記した銀行口座への振り込のみの受付とする。
なお、振り込み手数料は、参加者の負担とする。参加料は、いかなる場合においても返還されない。
【振り込み先】金融機関 十六銀行 南中津川支店
口座種別 普通
口座番号 1295599
口座名義 岐阜県カヌー協会 会計 加藤哲平 揖斐川チャレンジカヌー大会
振り込み期限 2019年513日(月)
13.問合せ先  岐阜県カヌー協会 加藤 哲平 (かとう てっぺい)
電話:080-1073-3269 E-mailteppeikatu@yahoo.co.jp
14.競技上の注意
・競技中の事故については当該競技者の責任とする。(事故の補償は当該競技者が負う)
・ヘルメット・ライフジャケット(浮力6.12kg以上のもの)を必ず着用すること。
 ・水量、気象状況により日程変更がある。
・公式練習等は競技前のノンストップトレーニングを省略するため24日(金)、25日(土)の指定時間をスラローム競技のコースオープンとする。ただし、ゲート設置を同時に行うため、作業に支障がないよう、設置員の指示に従うこと。
15.その他
・保険に加入していますが、補償額が限られており、練習中及び競技中の事故については、
原則として当該競技者の責任とします。(応急処置は行いますが、監督選手は必ず保険証を持参願います。)
・本大会は、国民体育大会第40回東海ブロック大会カヌー競技会兼第74回国民体育大会東海地区予選会と同時に開催となる。前述競技会・予選会の運営の都合により、競技日程その他に影響がでる場合は、前述競技会・予選会の運営を優先させることがある。
・前述競技会・予選会の監督会議を、競技本部にて行う。(日時は上記大会の要項参照のこと。)日程の変更のある場合および連絡事項は、上記会議にて発表する。
・カテゴリーの成立人数は3名。成立しない場合は一般カテゴリーに属する。
16.お願い
・スラローム競技参加者は、ゲート設置および競技終了後のゲート撤収にご協力をお願いいたします。
・当日は、会場の朝鳥公園にてキャンプ可能です。利用可能箇所の詳細については、当日スタッフに問い合わせ願います。また、ごみの持ち帰りなど、節度ある利用をお願いいたします。